夜中の外国人

昨晩。
帰宅が深夜になりました。
深夜っても、まぁ、毎度の時間ですが。

で、携帯眺めながら、テコテコ歩いて帰宅中。
あかじ坂を降りてきたら、デカいトランクをゴロゴロ転がして、何だかビニールの袋みたいなものをたくさん持った、ヨーロッパ系(アメリカ系ではない)の若者が近づいてきます。

しかも、かなり暗い道だったので、一瞬焦ります…

な、何だ? このやろ…

すると、若者はものすごく困った顔をしています。
何だよ?

ん?

「Ah…」

何か話しかけてくるのです。手には何か紙を持っています。

「Where do you want to go ?」

と言ってみると、

「I’m looking for Sawanoya Ryokan…」

何だ。

「Sawanoya is there!」
と指差す私。

だって、目の前で聞いてるんだもん(笑)
夜中なので、真っ暗だったから分からなかったみたいです。

「Oh! Domo Arigato Gozaimas!」
と言われて、「No problem!」
と答えた帰り道。

真っ暗だったけど、入れたのかな?
彼は無事今日の床につけたのでしょうか(笑)

関連記事

  1. 付加価値

  2. オタクという人々

  3. 目を閉じていいのか?

  4. ウチとは違う

  5. おお!四谷大塚さんが日暮里に開校とな!

  6. 「言問散歩」に掲載して頂きました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2009年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031