ノートブックストア

931f54cb.JPG 当教室には、「ノートブックストア」があります(笑)

 K講師が大阪の問屋さんに知り合いがいるらしく、数多く入手出来るとのことで、そのノートを教室で販売させていただいています。問屋価格ですから、何と1冊50円。方眼ノートから大学ノート、メモ用紙に原稿用紙、何でもござれのノートブックストアです。

 代金は、箱の上にある貯金箱に「チャリン」と入れてもらっています。自己申告制ですが、50円という価格からか、この夏期講習中は飛ぶように売れています。ギッチリ詰まっていた在庫はご覧の通り。

「だって、コンビニで買うより安いもん」
そうですね。
塾でペンのインクがなくなってしまったり、ノートがきれたり、シャーペンの芯が無くなったり、いろいろあると思います。

さらに、今の子は意外に「チェックペン」を活用しなかったり、赤下敷きを使わなかったり、さらに言えば単語カードもカードリングの存在も知らないことが多々あります。こういうものも啓蒙し、使えるようにしていければいいかな…と思っています。

次は「ミニ購買部」の設置を目論んでいますが、いつになるやら。お楽しみに。

関連記事

  1. 新幹線の問題

  2. 通信簿が返って来た

  3. 本質を勉強して来なかった子が苦戦

  4. だって先生さ…

  5. 15分前

  6. 特番

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2008年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031