PRESIDENT Onlineの記事を検証する

定期的に自分の本をTwitter検索でエゴサーチしてみる私(笑)
意外にですね、全然知らない方が一生懸命宣伝してくださっていたりするので、ありがとうございますと御礼を打ったりしています。

で、久しぶりに検索してみたら、何やら騒がしい…
「ゆる受験ねぇ……」
なんて冷ややかな反応やら、結構批判的な内容、お怒りの方もいらっしゃったりして、一体何事だろうと?
ただ、

「ゆる受験」

なる言葉に皆さん反応されているので、「オレじゃないな」と思ったら案の定!
PRESIDENT Onlineのこの記事に皆さん反応されていたわけです。

https://president.jp/articles/-/50288

これがYahooニュースに流れたわけですね…
ヤフーの記事はこちらです(すぐ消える可能性があります)

私も意地悪なもんで、下記のようなツイートをしました。

これも、いくつか反応を頂いて、興味を持って頂いたのか、フォローしてくださる方何人かいらっしゃいました。また、本も何冊か売れたみたいです(笑)ありがとうございます。

2019年に「ゆる中学受験」を発売していますので、約2年前。その頃は、一部では言われていたのかもしれませんが、「ゆる受験」「ゆるふわ受験」なんて言葉はあまり流通していなかったように思います。最近は徐々に一般化してきているので、それはそれでいいことだと思います。

ちなみに、「ゆる中学受験」については、現在私どもで商標登録を出願中です。一応ね、本の名前くらいは守らせてもらいたいものですから。別にケチ臭いことはいいませんけどね。

なので、あくまで「自称」本家本元ですが(笑)、「ゆる中学受験」の筆者として、ちょっと記事に突っ込んでみようかな?と思ったわけです。正直最初は自分が批判されているのかと思いましたし、そうじゃないとしても、あんまり面白いものでもありません。残念ながら私が意図した「ゆる中学受験」とは違う部分もあるので、これはウチを訪ねて見える方への軌道修正という意味で、一応感想程度は表明しておこうかなと思ったわけです。

もちろん、意見には個人差がありますから、そこは重々ご承知おきください。

まず、全般的におっしゃっていることや社会現象的に起こっていることについては間違いは少ないと思いました。2科目入試が再び増えてきたり、暗記詰め込み型ではない新方式の入試が増えてきたりしているのは事実ですし、公立中高一貫併願をにらんだ適性検査型入試を実施する学校も増えています。小4からガチンコの受験生活に入らなくても受験できる学校は確実に増えています。

また、よりよい環境を目指して、小5や小6から受験を志す子が増えているのも事実です。実際、桜学舎でも小5までは受験する気がなかったのに、6年になって急に受験したいと言いだす子も毎年います。また、中学入試で偏差値がそれほど高くない学校でも、高校受験で入ると結構な高偏差値であることも事実。桜学舎の近隣で言えば、淑徳巣鴨や駒込、桜丘、十文字、順天などはなかなかの難関です。それでも中学入試の偏差値50は高校入試の70というのは若干盛り気味ではありますが、ザックリ言えば、そんなに間違っていません。

問題は、1年間の受験勉強で合格できるとされるオススメの学校なのです。

ご登場になっている偉い先生には大変申し訳ないのですが、ちょっと甘いと思います。
女子校でおすすめされているのが、共立女子、跡見学園、山脇学園、三輪田学園、富士見、普連土学園です。

偏差値がさほど高くないと言われているのですが、これは四谷大塚さんの偏差値を使っているのかな?と思います。日能研の偏差値は若干緩やかだとも書かれていますが、このあたりは詳しくないので、我々に馴染みの深い「首都圏模試」で考えてみます。

共立女子は2年くらい勉強しないとダメかもしれないが、残りの学校は6年生の夏休み前に勉強を始めれば十分合格できるとおっしゃっていますね。

果たして、そうでしょうか?
現場の感覚としては、かなりかけ離れたアドバイスのように感じます。これ、1年、下手したら半年くらいで合格できる子って、かなり勘のいい、しかも地頭のいい子だと思います。実際、皆さんのコメントもそんな感じですよね。

ちなみに、首都圏模試の偏差値で言うと、

共立女子63
跡見学園48
山脇学園58
三輪田学園51
富士見60
普連土学園61

です。かなりのバラつきがありますよね。ちなみに、桜学舎では共立、普連土、富士見は「難関校」に分類しています。首都圏模試偏差値60以下を「ゆる中学受験」の対象校としていますので、実際我々の現場では、60オーバーの学校に合格させるのはなかなか大変なことだと感じています。もちろん、どの学校も素敵な学校ではあるのですし、特に普連土、三輪田は桜学舎からもよく行く学校です。でも、そう安々と合格できるような学校ではないと思うのですが、何か必殺技でもあるんでしょうか?

また、男子のおすすめの学校としては、獨協、日大豊山、聖学院、桐光学園が挙げられています。
こちらも、首都圏模試で見てみると、

獨協54
日大豊山53
聖学院44
桐光学園62

バラバラです。桐光学園はそう簡単に合格できるんでしょうか? 獨協と日大豊山も、第1回入試はこの偏差値に収まっていますが、午後入試や2回目以降の入試については偏差値60手前まで跳ね上がります。聖学院も、さほど高くないとは言え、人気は高いので「フツウに落ちる」学校です。計算問題と漢字だけやってりゃ合格するでしょ?というノリで行くのはかなり乱暴な気がします。

ちなみに、獨協医科大学と獨協の関係は、今年からようやく獨協埼玉とあわせて10名が推薦試験で行けるようになったのであって、どうもこの書き方だと医者の子どもが多く通っていて、医大や医学部に入りやすいという風に邪推してしまいそうですね。

オススメ参考書についても、桜学舎でもお勧めしている「メモリーチェック」「ベストチェック」などは良しとしても、たとえば「自由自在」や、四谷大塚さんの「4科のまとめ」などは、ゆる中学受験の子が簡単にこなせるテキストだとは思えません。むしろ、それを自力でできるようなら、かなり優秀。それが出来ないから、私達のような地元の塾に駆け込んでくる方が多いわけで、半年やそこらで仕上がるのって、相当優秀な子じゃないかと思うのです。私達は、5年生から2年かけてお預かりしますが、受験生マインドを育てるだけで2年かかる子すらいます。ゆる中学受験をしようとする子って、現場で見てるとそんな感じですよ。

最後の、問題の取捨や学校選びについては同感。偏差値で学校選びをしていたりすると、何かを見失う可能性が高いですね。おっしゃることは分かります。

総じて、かなりバラバラで、誤解を生む部分もあるかな?と思いました。
特に心配なのは、普連土や富士見、桐光学園や獨協、日大豊山が、基本的な問題集1冊を半年くらいでやっておけば受かる学校だと勘違いされてしまうことです。ココには挙がっていませんでしたが、いくつかの学校でかなりゆる受験の子達が惨敗していたという話も聞きます。

桜学舎は一人ひとりの合否や、受験ストーリーを考えて受験作戦を練りますから、過去「一つも合格しなかった」などという酷い結果だった子は0。全くいませんが、だからといってナメてかかってもらっては困りますし、合格もしません。6年の夏前までに勉強を始めれば…なんて、まず現場の感覚からすれば「無理」です。間に合いません(間に合わせた例はありますが…)

一応ね。

こんな本を書いてしまったので、生意気にも色々言ってみました、スミマセン!
私の「ゆる中学受験」の定義・設定や、実際のドタバタを書き記してございます。Kindleのスピンアウト版も含め、よろしくお願いします。

いろいろご意見はおありでしょうが、私は2年くらいはちゃんと勉強させたほうがいいと思っています。もちろん習い事や野球、サッカーなどを辞めないでいいと思いますし、以前は某有名ミュージカルの舞台に立っている子が2人もいましたが、みんなちゃんと合格して行きました。

うーん。
もう少し丁寧に書いてほしいなぁというのが正直な感想でした。
逆に、プレジデントオンラインさん、ゆる中学受験の特集してくださいよ。いくらでも話しますよ(笑)

関連記事

  1. 【合格速報】中学入試3

  2. ちいさいへん

  3. 成城はいまだによく集る!

  4. 言葉狩り

  5. 改めて感謝を

  6. 令和元年、おめでとうございます!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

塾長ブログ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930