気をつけなきゃ。

今朝は朝から都庁へ。昨夜出た校長会の都立高校志望予定調査の結果を受けて、今年度の動向を考える会合へ出席してきました。

今回、男子も女子も、倍率ナンバーワンは青山高校。男子2.15倍、女子2.48倍。
こりゃすごい数字です。
近隣では、向丘高校が男子1.68倍、女子は2.29倍!女子が厳しいです。上野高校は男子1.95倍、女子1.59倍。こりゃ志望変更も考えねばならないかなぁ? もちろんこれから推薦入試である程度抜けて、その後に実際の出願があり、差し替えがありますから、この通りの倍率ではありませんが、人気動向を見るとこういう傾向なんだと分かります。予め準備は出来ますよね。

いろいろ考えさせられながら、帰ってきたのですが、帰り道のバスの中、とあるバス停からおじいさんが乗ってきました。ところが随分怒ってらっしゃる。
 
「何分のバスだ、これは!」
「30分も遅れてきて、何なんだ!」
「ちゃんと謝れよ!」

いや、実際バスの遅れは2分程度。恐らく時刻表を間違えて全然違うことを言ってるんだと思うんですが、とにかく謝れの一点張り。運転手さんも「はいはい、遅れて申し訳有りません」って体でスルー。なんだかとっても嫌ぁな空気が流れました。もちろん誰もおじいさんの間違いを指摘できませんし、「俺こそ社会正義」みたいな顔しておじいさんはプリプリして座っているし、困ったなぁという感じの車内。次のバス停で私は降りてしまったので、その後どうなったのかはわかりませんが、なんだか複雑な感覚に陥りました。

と、ふと。
俺もあんな爺さんになっちゃうのかなぁ…と不安になりました。
自分が間違ってても誰も教えてくれない老人になってしまうのかなぁと、ちょっとゾッとしました。怖いなぁ。

間違いを指摘して、諌めてくれる人がいるってのはとても有難いことなんだなぁと、改めて思いました。今は子供たちの「間違い」を指摘して諌める立場にありますが、こういう仕事ってついつい自分が正しいと勘違いしがちですし、他人も指摘しにくいものでしょう。でも、間違ってばかりなんだと思うんですね。間違いを間違いと正してくれる人って貴重だなあと感じました。
 
奇しくも、今日は朝から入谷駅でお婆さんが落とした手袋を拾ってあげて、都庁前駅ではエスカレーターで女性がパスモを落としたので拾ってあげて、立て続けに2つ「親切」を実行しました。善行を積むことも大事だよな、きっと。
 
あの時、私はどうしてあげればよかったのかなぁ? おじいさんに「バスは30分もおくれてませんよ?」って指摘しても、きっと認めなかっただろうし… 難しいですね。

関連記事

  1. おめでとうございます!

  2. 甘栗

  3. やっぱり進学個別桜学舎は変わってるな

  4. 個別最適化の罠

  5. ミーティング

  6. ご来訪ありがとうございました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2016年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031