教育格差案内

5a1fe8bb.jpg東京23区教育格差案内という本、なかなか興味深いです。

台東区の評価はなかなか良かったように思います。地下や交通の便を加味して、区内に居住し、他区の中高へ通うという線が一番良いと。

さらに文京区はベタ誉め。とにかくさすが文京と言われるくらい教育が充実しているのだそうです。ただし、公教育の内容が素晴らしいと言うよりも、国立私立の学校選択が多様に出来ると言う点で素晴らしいわけで、子育てする環境としては素晴らしいということのようです。そういわれれば確かにそうですね。

その他、興味深いことも多々書いてあります。興味のある方は是非お読みになってはいかがでしょう?

それにしても著者のペンネーム。

ジョニー大倉山って…(笑) あまりと言えばあまりです!

関連記事

  1. 都立高校・一部の学校でマークシート方式を試験導入

  2. 新しい教具「subli」のご紹介

  3. 併願推薦廃止

  4. センター試験予想問題パック

  5. 【下町塾長会議089】議題 : 「男子校・女子校って、どう?」の件

  6. 転塾する時に気をつけるべきこと5選

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2008年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031