【事後報告版・マレーシアプチ留学6】

結局、企画や学習内容、環境が大事なのではなく、「人」が大切なのだと改めて気づかされました。
私も、なぜマレーシアへこれだけ通い続けているのかといえば、マレーシアという国自体が世界で一番好きで、いい国で…という訳ではありません。蘇さん、ウーさんという友人がいるからこそ、これだけ通うのです。友達が出来なかったら、そんなに通うこともなかったでしょう。たまに思い出したように訪問しては、「マレーシア好き」を気取っている程度だったと思います。

ホームステイを企画していた時も、生のマレーシア人家庭に触れるという面白い経験が出来たと思っていましたが、そこから友人に発展する関係になるということはなかったでしょうし、そこまで深い体験をすることは出来ませんでした。

でも、家に泊まらなくても、こうやって話をいっぱいすることで、いい経験をすることも出来ますし、何より同世代で話が出来る、友達になれるということは何よりも素晴らしいことです。是非メールの交換などで交流を図って言って欲しいと思います。

結局、交流とは「人」なのだと、改めて思い知らされました。
8年目にして、この人的交流が実現したこと、そして参加した学生や、マレーシア人学生たちのキラキラした目を見て、図らずも「感動してしまった」と告白せねばなりますまい。やってきてよかったとも。人知れず泣きそうになっていたのですが、誰にも気付かれずに済んだようです(笑)

帰りの機内では、恒例の「プチ留学感想文」を書いてもらいました。

夜行便なので、眠くて仕方がないとは思っていましたし、いい文章も書けないだろうとは思っていたのですが、今年の感想文は驚きました。
学生達は興奮気味に思い出を書き連ねてきました。裏までビッチリ書いてくることなど今までにはなかなかありませんでしたが、今回は皆かなりの量。すごい!

今回のプチ留学は大成功と言っても過言ではないでしょう。
来年も、象と交流会は是非といわれています。
ココにホームステイが入れば最高です。

徐々に充実してくるプチ留学。
8年目。頑張ります。

関連記事

  1. 家族が増えた

  2. クレーム

  3. 酉の市

  4. Pokemon Go

  5. ネパール震災への義援金を送金しました

  6. Facebook

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2008年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031