自宅療養その後

お陰様でかなり熱は下がりましたが、逆に喉が痛くなり、最後の最後、僅かに残っていたウガイ薬「アズノール」で戦っているところです。

回復してきたのは食欲が戻ったのが大きいです。食べるって大事なんだなぁと改めて思います。

しかし、どうも、いまだ動物性の食品が全然だめで、植物性のものばかり食べてます。肉魚、特に肉が全然食べられないし、食べたくないのです。何これ? 後遺症?(笑)

実は、発症直前に、ホントに心の底から美味しくないハンバーグカレー(美味しくなかったから店名は書かない)を食べて、夫婦でひどく胃もたれしてグッタリしてたところでの私の発症…ということもあるのかも知れませんが、とにかくハンバーグとかがホントに見たくもないのです。早く元に戻ればいいけどなぁ。

いやぁ。それにしても久々にあんな酷いものを食べました。大量に。もう無理ですね、歳でしょうか。もちろん若い頃なら何とか大丈夫だったのかも知れませんが…

それと、最近の15秒で測れる体温計、あれも全然ダメだということが分かりました。あれ、予測式っていうやつなんですね。出てくるのは演算から導かれた予測体温なのね? だから、実測値よりもかなり高く出てしまうようです。体温が常に37.5度って、有り得ないでしょ?(笑)

2.5分実測型の古いやつで計ったら、36.7度。マジか! もっとも、予測式をそのまま外さないで検温し続けると実測で測れるらしいんですけど、それが何と10分やれと!性能落ちてどーすんの!? 0.8度も高く出るんじゃ使い物にならんです。

ネットでレビューみても、ボロクソでした。使い物にならんとか、場合によっては1.3度も高く出るとか! なので予測式は最低でも-0.5して使うということを覚えました。

さて。
1日2回。保健所にLINEで症状や熱の報告をしています。すると、電話がきます。大丈夫ですか?って。お熱まだ高いですね?って。昨晩は23時半過ぎにも電話が。
「いつまで仕事してんの?」
って思ったのですが、そっか、24時間体制か。

いろいろ文句ばっかり言ってる人も見かけますけど、いやいや、日本ってスゴイ国ですよ。こうして一人一人に1日何度も電話をくれたり、心配ないように専用窓口があったり、本当に当事者になってみればわかりますね、本当にありがたい。ですから私は必ず「ありがとうございます」って言って電話を切るようにしています。

いや、ホントに、ありがとうございますですよ。
偉そうに行政サービスを腐すようなことを言う人もいますし、「俺たちの税金を!」なんて態度の方も見かけたこともあります(でもきっと、この人、俺より税金全然払ってねーなーって思いましたけど(笑))が、この環境を当たり前だと思っちゃいけませんね。

関連記事

  1. 健康第一

  2. こだわり

  3. 個別指導塾講師はブラックバイトなのか?

  4. 幕張の海

  5. 英語にかける思い

  6. 手直し

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

塾長ブログ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。