津田沼パルコが閉店する話

津田沼パルコがなくなるというニュースが流れてきました。

なかなかの衝撃です。
千葉・幕張で育った私のとって、津田沼は子どもの頃から遊びに行っていた場所ですし、高校受験の際には塾に通った場所でもあり(森絵都さんの「みかづき」で出てくる「津田沼戦争」はドンピシャ私の世代です!)、パルコはその中でも大切な場所でした。

高校生、色気づいた頃にはよく服を買いに行ったり、塾講師のアルバイトでスーツを着るようになってからも、TAKA-Qとかでなかなかトンガった色のスーツを買って着ていたっけ…

芳林堂書店は私の聖地で、中高とかなり通っていました。高校時代、赤川次郎の本をすべて読みきってしまった思い出や、あの本も、この本も探しに行ったなぁ…というのが蘇ります。

吉村昭の「漂流」「高熱隧道」、青木冨貴子の「ライカでグッドバイ」、山田太一の「終りに見た街」、みんな芳林堂書店に探しに行って、見つけて、奪い取るように手に取って買いました。

そうだ!(笑)
若かりし頃、友達が集まって元日に初日の出を見に行くことになった時のこと。
メンバーの中のある女の子に私は射抜かれました(笑)一目惚れってやつですね。
でも、今みたいにLINE交換なんてない時代。
結局そこで連絡先もわからぬまま終わってしまいました。

そして冬休み明けにその女の子と、本当に偶然再会したのが、やはり津田沼パルコ・芳林堂書店でした。その後、それがご縁で、その方とはしばらくお付き合いしました。そんな甘ったるい思い出があるのがパルコです(笑)  こんなオッサンにもなったし、四半世紀以上、数十年も前の話だからもう時効だろうと思います。こっ恥ずかしいけど言ってしまった(笑)

そんなパルコが閉店するっていうのは、なかなか胸に来るものがあります。

最近、本当に悲しいことが多いです。
東京に来てからかなり縁があったホテルグランドパレスも閉館するとのことですし、名店「斉藤鮮魚」も閉店。鶯谷の豆腐の名店「笹乃雪」も閉店していますね。よく行っていた喫茶店も、もう何件も閉店しています。どこも閉店閉店。

自分が閉店にならないようにしなきゃ(笑)
いや、これ、本当に笑い事じゃないです。頑張らねば!

グランドパレスも、津田沼パルコも、まだあるうちに行ってきたいと思います。

関連記事

  1. 地図ピタ

  2. ノープレイ ノーエラー

  3. 無駄なこと

  4. 【夏期講習14日目】オフィス

  5. 進路は誰のものか

  6. 台本のある授業

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。