子どもを褒めろ!

世間では、これだけ「褒めて育てろ」って言われてるのにもかかわらず、本当に褒められていない子が多いなぁと思います。

特に中学受験生。

確かに見ていてイライラすることもあるでしょう。
なかなか勉強に手を付けないこともあるでしょう。
でもですね、世の親御さん、中学受験生を褒めなさい!

よく考えてください。
あえてやらなくてもいい受験勉強に取り組んでいるわけです。
朝から学校に行った上で、夕方から夜にかけて塾に来ています。
桜学舎ですら週3回。
他の大手塾なら週4回、週5回。
土曜・日曜まで特訓だと言われてオプション講座。

大人でも9時間拘束8時間労働・週5勤務40時間が上限でしょう?「ブラック企業」どころじゃない勉強生活を強いられているにもかかわらず、ひとっつも褒められないなんて「悪夢」「地獄」以外の何物でもないでしょう?

「勉強ができない」のは、
①頭の質が悪いのでもなく、
②勉強のやり方が分かってないのでもなく、
③要領が悪いのでもなく、
④行っている塾が悪いのでもなく、
⑤習ってる先生が悪いのでもなく、
ましてや、
⑥どこか障害があるわけでもないんです!

親御さん。
あなたが褒めない、認めないことが原因です!!

これは本当に強く訴えたい。
子どもをちゃんと褒めろー!認めてあげろー!って(笑)

「転塾」してくる方のご相談の成績不振の原因は100%これです。
親御さんが責めてしまっているのです。
しかも中身をよく精査しないまま偏差値だけを見て「勉強しない」「勉強が出来ない」と嘆き、叱る。

新入塾のケースもあります。
成績不良でのご相談のケースもあります。
面談をしていると100%思います。
お母さんの意識が変わるだけで、この子偏差値10上がるのにな!って。

こういう子の体験授業が終わった後に、やったものを見たり講師の講評を見たりして、

「何だよ、勉強出来ないって聞いてたけど、結構できるじゃん! こりゃ伸びるね!楽しみだなぁ!」
「積んでるエンジンはデカいから大丈夫だな。ただ磨いてないのは残念。もったいない。もっときちんと手入れして、動くようにしていけば、結構いい線いくぜ?」

なんて言ってあげると、100%その子はニッコリします。
そして「この塾は良い塾だ」って思ってくれて、みんな「この塾に来たい」って言うのですよ。
ウチは少なくともそう。
一度お預かりした子は我が子同然。
だから大丈夫!って励ましながら、ゆるやかに育てて行きますもの。
でも、その前に親御さんがそうしてあげればもっともっと成績は天井知らずで伸びていくのに…って思います。

私たちも手に追えなかったり、方針に合わない方は残念ながらお断りするケースもあります。無責任なことは言えませんからね。

ただ、生徒を褒めない塾は大嫌い。
笑顔が無い塾も大嫌い。
大手塾から来た子からは、先生が机を蹴とばしたり、黒板を叩いたり、子どもの頭を掴んで「何で遅刻したんだ!」とかやるって聞くこともしょっちゅう。誰しも聞く有名塾ですが、コンプライアンス大丈夫かな? 大丈夫か?って話をよく聞きますよ。もちろん一部なんでしょうが。

私は子どもをニッコリさせることに、これからも注力します。
「子どもを幸せにする教育」をミッションに据えたからには、ブレずに行きます。
たとえ甘いと言われようとも、勉強は幸せになるために楽しくやるべきものであって、教育は子どもを幸せにするためにある。誰が何と言おうとこれだけは間違ってないはずです。頑張ります。 

関連記事

  1. 自分の属性を決める

  2. 子どもに責任を取らせましょう

  3. 口出しが早い親御さんは要注意!

  4. 新聞記事を授業で使うことについて

  5. 【夏期講習12】教わったことのない答えをどうやって見つけるか

  6. 何のために受験するのか

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728