都立高校入試

2016-10-17-10-21-41錦糸町相談会の翌朝。月曜日。
前日の疲れも引きずりながら、実は東京都庁へ行ってまいりました。

東京私塾協同組合と進路指導研究会の主催で、東京都教育委員会の方々からお話を聞く機会を設けており、今回は都立学校についての来年度入試の決定事項をご説明いただく会がありましたので、行ってきたのです。軽い筋肉痛と倦怠感と睡眠不足でダルダルだったのですが、それでもちゃんと行けたのは歳のせいでしょうかね?(笑)

2016-10-17-10-21-12で、出来立てホヤホヤの資料をいただき、80分ほどの中で来年度入試の変更点などをご説明頂きました。昨年来、全面的にマークシート方式運用になった都立高校入試は、今年はさすがに大きな変更点はありませんが、一つ注意点。

英語の整序問題ですが、マークシート方式導入に伴い、解答が「選択式」に変わっていました。つまり、「正しい並び順になっているのはどれか」式の設問になっていたということですが、来春からはそれが完全整序式に変わるそうです。出題形式については各中学校でリーフレットが配布されるそうなので、よく見て設問形式の変更に戸惑わないよう心かけておきたいものです。

また、英語教育の改善案が多数出ており、既に計画決定したものや運用が始まっているものもたくさんあるようですが、一つ気になったのは「英語村の設置」が東京都主導で行われるということ。これは既に計画決定しており、業者選定まで終わったとか。お台場にできるそうなので、既にオープンしているOsaka English Villageの東京版がいよいよ出来るのかな?という感じです。

ま、まさか、またLeptonが絡んでいるのでは!? 大阪はLeptonの運営会社も関わるプロジェクトですが、東京も同じく運営が進むと、私たちとしてはやりやすいですし、Leptonで勉強して頂く意味がより深くなりますね。楽しみです。

その他詳しいことは、また面談の中でお話しさせて頂きます。

 

関連記事

  1. 旗の台

  2. 酉の市

  3. もう来年の合宿

  4. 上野中学校で出題された「羊と鋼の森」

  5. PINK SAPPHIREに感謝を

  6. 【事後報告版・マレーシアプチ留学5】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31