夏期の申込書は全員提出です!

夏期の内部生「早割」期間が過ぎました。多数のお申し込みを頂きありがとうございました。

残念ながら講習を受講しない生徒もチラホラといますが、実は塾に来る意味はこの「講習」にあります。勉強ができる子が、より伸ばすために来ている場合は特にそれほど厳しくは言わないのですが、勉強がなかなかできるようにならずに困って塾へ来ている子は、講習を受講しないことで成績向上の機会を失っていると言っても間違いではありません。

春・夏・冬の講習期間は、学校の授業が止まっている期間です。通常授業期間は学校も同時に進んでいますので、どうしても学校の進度に合わせて学習をしなければなりません。中高生は定期試験もありますし、とにかく学校の勉強が分かるようにならなければならないので、それに合わせて補習をしていくことになります。

しかしながら、思い切った復習や根本的な部分に立ち返っての学習はこの期間にはなかなか出来ません。それをしてしまうと、学校の成績が全く上がらないからです。二次方程式の分からない子は、確かに一次方程式から学習しなければ出来るようにはならないのですが、だからと言って一次方程式ができるようになったからといって二次方程式が解けるようにはなりません。難しいですね。だから、根本的な学習はともかく、通常期間中は少しずつ復讐を交えつつ、次の定期試験で少しでも成績が向上するように学習を進めねばなりません。

では、一体いつ復習をするのか?
それは、学校がストップしていてくれる長期休暇中しかありません。つまり講習期間です。
ということは、何回この「講習」を経験するか、積み重ねるかによって、成績の向上と根本的な復習ができるかに差が出てくるということなのです。通常授業だけはしっかりやって、休み中はノンビリする…では、やはり効果は半減。むしろ休み中にまたかなり実力が後退して帰ってくることが多いので、結局一進一退となり、前進が見込めないというケースは多々有ります。講習がいかに重要なのか、お分りいただけますでしょうか。

なお、夏の申込書は、桜学舎生は全員提出が必要です。
講習期間の受講がないお子さんも、8月の授業料分が各科目4回ずつ自動セッティングされていますので、お配りしている「緑色の紙」と「ピンクの紙」は提出必須です! 出ていませんと、お月謝だけ頂いて授業設定がないという状態になりますので、お早めに提出をお願いします。詳細は夏期講習のご案内をご覧下さい! 

関連記事

  1. 速解力検定受検期間です!

  2. 英検のお申し込み、お急ぎください!

  3. 事務スタッフ募集のお知らせ【初の試み!】

  4. 電話対応についてのお願い

  5. 夏期休業のお知らせ

  6. 関越自動車道は抜けましたが…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2016年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031