夏期講習の缶バッジデザイン決定!

22夏期講習のご案内もまだ配布できていないうちから、バッジのデザインで申しわけありません(笑)

毎年お配りしている「桜学舎バッジ」ですが、春先の「年度版」はすでにお持ちですか? 途中で入会しているけれどもらってない!という方は、どうぞ窓口で申し出てくださいね。ボールペンと、消しゴムとバッジの3点セットで差し上げます!

そして、間もなく始まる夏期講習の申し込み。
申込書をご提出頂いた方にはこのデザインの「夏期版の缶バッジ」を差し上げます!
是非お申込みを!…と言いたいところですが!

実は、夏期講習と8月集中授業の申込書のうち、8月集中授業はレギュラー授業です。夏休み中ですので授業時間帯が通常とは異なりますので、全員申込書を出していただき、日程と時間を改めて設定します。つまり、現在桜学舎に通っている生徒は全員提出するものです。よって、この缶バッジは全員もらわないとならないものなのです! 私たちも全員配布されるものとして、現在の生徒数+講師数分の発注をしてあります。

また、このデザインは、一昨年まで講師を務めていた大西が継続して作成してくれています。だいぶ手慣れてきて、早々にデザインを上げてきてくれました。

学生時代に桜学舎の仕事を請け負う事をきっかけにMacのイラストレーターというソフトを勉強し、それが武器となって現在はSE職に。女性ながら、バシバシとPCに向き合っているようですし、社内でも即戦力として扱われて、どんどん上の方へ行っているようです。桜学舎でバッチリ働くと、ちゃんとこういうキャリアも伴ってくるんですね。

以前も、私は理系講師に「院まで行け」と勧め、親戚中の大反対を押し切って私の意見を聞いて大学院進学をした講師がいました。 桜学舎の合宿や様々なイベントに企画段階から入れて、能動的に仕事を任せて行きましたが、その経験が就活で生き、わずか1ヶ月ちょっとだけ就職活動を理由に休職しましたが、誰しもが知っている超大手シンクタンク3社以上の内定をもらい、「どこがいいと思いますか?」と相談に来ました。現在もその超大手でこき使われています(笑)

桜学舎にあるものは、もちろん私が作っていったものもありますが、そこから卒業生が積み上げていったものも多々あります。それが他塾が絶対にひっくり返せない「伝統」であり、「歴史」「実績」でもあります。上っ面の合格実績というような類ではなく、「先生」「生徒」という単なる師弟関係でもなく、心と心が響き合うような関係性と言ったらいいのでしょうか…

さて。
来年の9月で、実は桜学舎は開校20周年を迎えます。1997年の開校ですから、もう本当に20年です。来年は大規模な記念行事も考えています。節目といえば節目です。立派になった卒業生も多い事でしょう。そういう人たちの上に桜学舎が成り立っている、そう思うと、もう私たちの桜学舎ではなく、みんなの桜学舎になりつつあるのだと思います。

缶バッジひとつでも、いろんな思いや積み重ねがあって出来ているものなんだと知っていただけると嬉しく思います。 

関連記事

  1. セミナーのご参加、ありがとうございました!

  2. 都立高校推薦入試対策「集団討論」練習会終了!

  3. デザフェス

  4. 進学個別桜学舎受験・進学セミナー祭り2023

    今年もやります!「受験・進学セミナー祭り」2023~コロナ禍で失われた…

  5. 「こんなはずじゃなかった…」と後悔しない、中堅私立中学受験の基本の「キ…

  6. 冬期講習時のスタッフ軽装について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2016年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930