駆け抜けた1週間

 火曜の朝にマレーシアから帰国して、その日の3時から仕事を始め、金曜日まで駆け抜けました。若い頃…と言っては年がバレますが、マレーシア通いが始まった1999年から比べ、さすがに体力も衰えたのでしょうか… この帰国・即日仕事開始というパターンがキツくなってきました。

 一晩寝れば体力回復…
 なんて年齢ではなくなってきたのですね。ガッカリです(笑)

 さらには集中授業などというイレギュラーが木曜日に挟まり、さらに講師の都合で代講を任され、なんだかずっと授業をしていたように思います。それはそれで楽しいからいいのですが、なんだかあっという間に1日が終わってしまって、毎日、「これでいいのかなぁ?」と思いながら過ごしていた様に思います。

 年齢と共に、1日1日があっという間に過ぎ去っていきます。時間の流れが、年を追うごとに早くなっていきます。朝起きたと思ったら、もう日が暮れている… つい最近夏休みだと思っていたら、もう衣替えで、そろそろ冬期講習のことを考えている… いや、来年度のことを考えていたりして… そして毎年のことを考えていると、いつの間にやら定年に近い年齢になっていたりして…

 よく考えると、あと20回ほど受験を迎えれば、すっかり私もお爺さんです。第2の人生を考えねばなりません。大丈夫かな?

 若い頃の体力。
 これは本当に何物にもかえがたい。若いうちにいろいろな経験をさせてあげることが重要なのだと、本当に心から思います。

 私は、今週末、身体を休めて、来週に備えるとしましょう。ああ、疲れた(笑)

関連記事

  1. 子どもの教育に良くない

  2. 梅シロップ

  3. おしゃべり

  4. お休みを頂きました⑤

  5. 競争させない大人を信じるな

  6. 理屈を教えたいのです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2008年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031