悲しいことを乗り越えて

悲しいことを乗り越えて、初めて人は大きくなるのでしょうね。
人生の中で、9割の出来事は悲しいことなのだそうです。しかし、1割の喜びがあるから人間は生きられる、そして人間には「忘れる」という能力があるから生きていけるのだそうです。

忘れるとは、「能力」なんだそうです。

そう。
失敗した。
恋人に振られた。
大切な人が死んだ。
裏切られた。

こんなことをいつまでも忘れられずに、心の傷を癒すことが出来ないまま生きていることは決して出来ないでしょう。忘れるから人間は生きられる。そうです。その通りです。

でも、傷が癒えても、完全に忘れることは出来ません。
だから、乗り越える必要があるのです。
その人の軌跡を振り返り、存在は忘れることなく、そしてその人の何かをきちんと自分の中に生かしていくこと。それが乗り越えることであって、その悲しみを昇華させるものだと思います。

大切な人を送らなくてはならなかったために休んだ子がいます。
ショックも大きかったようです。当然です。
でも、送った人に心配をかけてはいけません。安心して向こうで暮らせるよう、こっちがしっかりしましょう。頑張って!

関連記事

  1. 塾長、ちょっとお休みを頂きます

  2. 西日暮里がエラいことになりそうです

  3. 下町の洋食屋で考える…

  4. 東京!やっと来たか。

  5. 塾長動向

  6. 奨学金返還ができなくて大変なのだとか…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2008年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031