春なのに

♪春なのに お別れですか 春なのに 涙がこぼれます

私世代の人なら誰でも知っている、柏原芳恵さんの名曲。あの頃のアイドルにはいい曲が提供されていましたよね? 確か中島みゆきさんの曲だったはず。やっぱり才能ですよね。

さて。
だいぶ春めいてきました。

いつもは、コートにマフラー巻いて、寒い寒いとタクシーを捕まえてしまう私も、春は歩いて出勤したくなるもの。もっとも、今年は花粉が酷すぎるので、外に出るのも恐怖ですが、それでも歩いてしまいたくなるのが春。本当に寒いのが苦手で、南国で暮らしたいくらいの私には、東京砂漠の寒さは厳しいものなのです。

春はお別れの季節でもあります。

今年、私は大事な大事なスタッフを手放す年。多くの4年生が卒業を迎えるのです。

一人は、中学時代の友人の子。友人の子が4年間しっかり勤務してくれました。最後の方は頼もしかった。

中1からずっと私の手元にいた子もいよいよ卒業。こういう子が何人かいます。娘みたいな感じになってしまうので、何とも不思議な感覚ですが、私はこういう子たちに甘えてきたんじゃないかな?という思いが強く強くあります。わかってくれるから、ツーカーで行けるからといって、いろんなことをサボってきたという思いが強くあるのです。

3年半、外部の先生にいろいろご指導いただく機会を持ちましたが、本当にダメな部分がいっぱいあって、正直自分もいろいろ「慎重」になりました。安易にいろいろなことをしないように気をつけるようになりました。それでもまだ甘いのだと思いますが(笑)

今月、ウチを卒業して、本職の先生になる講師が2名。一人は茨城県立高校の、もう一人は都立高校の英語の先生になります。頑張れ!

自分の夢を追って頑張る講師も2名。それぞれ大きな夢を追って、自分の力試しに世に出るそうです。こちらも頑張って欲しい。そして、ピンポイント・中継ぎ投手として頑張ってくれた高橋も今月で退職になります。

講師だった朱島が専任なり常駐。新しい講師は3名。プラス、本職経験者が1名着任予定です。今年は塾長もかなり授業を持つ予定になっているので、頑張らねば。

なので、塾長の外向きの活動が2023年は限定的になり、募集活動に精を出すことが出来ません。ゆえの募集人数限定方式。自分の生徒のための活動をメインに、楽しく塾内で頑張りたいと思います。幸い、またコロナ以前のような活気が戻りつつあるので、頑張りたいところです。

現役で授業に出ている塾長の塾です!/上野桜木教室&入谷教室】

関連記事

  1. 「先生の言った通りだった」その1

  2. 受からなかったら公立でいい!?

  3. マレーシアからお客様

  4. 明るく、正しく、仲良く暮らしなさい。

  5. 新緑の季節

  6. 研究者にリスペクトを

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

塾長ブログ

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031