「完全変体」と「不完全変体」〜大人という「成虫」になると思ってたよ

「見て見て!」

と妻に呼ばれて、部屋に行くと、こんな虫が壁にとまっていました。

詳しい方!

この蛾なんだか、蝶なんだか、カゲロウなんだか、一体何でしょうね?
羽を開いていたので蛾と判断しましたが、どうも鱗粉も無く、腹も細い。羽の形も違うし、触覚も細い。
でも蝶でもなさそうだし、お腹の感じはカゲロウみたいな仲間っぽいですね。
なかなか調べてもわからないので、どなたか詳しい方、教えて下さい!

さて。
見た目が実に美しいので、この虫、ついつぶさずに逃がしてやりました。
キレイな、カワイイやつだったので命を助けた…

実はここで、やっぱりオレは俗なやつだと、ちょっと凹みました(笑)
というのも、ゴキちゃんだったり、見た目の悪い蛾だったりすると、ティッシュでブチュっといってしまうのに、見た目がきれいだと優しく包んで逃がしてやる… ルッキズム万歳みたいな行動ですね。

ああでもこれが人間の本性なんだな…といろいろ考えてしまいました。無意識というか、本能というか、やっぱりかわいい子は得で、カワイクナイ子は損することがある。意識的にそうならないようにしているけど、ふと、相手が虫だったりすると、つい本性が出てしまう… こうなるともう仏門に入るしかないですね(笑)

そうです。
差別だ何だとおっしゃる方も最近は増えて、思想的なこと、性別的なこと、容姿のことなどでいろんなことを言ってはいけないと言われておりますが、そういう方も、つい見た目の良くない虫やらカエルやらを「きもーい!」って言ってしまうわけです。言われた側からすれば何の落ち度もない。これが人間の本性というものでしょうね。

そう。
虫で思い出しましたが、理科で「完全変体」と「不完全変体」というのを習いましたね。(変態ではない!(笑))

完全変体は、幼虫→さなぎ(まゆ)→成虫という段階を追って成長するのも、不完全変態は幼虫→成虫に変化するものです。

まぁ、ちょっとニュアンスと言うか、たとえは違いますが、ふと子どもの頃は「大人」って完全変体で、子どもとは全く異なる「大人」という生き物に変化するものだと思っていたような気がします。大人になれば判断力も付き、出来ることも増え、知っていることも山程増えて、何でも出来る、お金は持っている、そう思っていました。

ですから、大人に「お父さんお母さんはちゃんとやってきたよ!」って叱られることがあっても、「そんなの、大人だから出来るの当たり前でしょ!」って思ってたはずです。大人と子どもは違うんだと思っていたし、子どもが出来ないことを大人が出来るのは当たり前だと思っていました。

でも、お父さんお母さん。

実際どうですか?そうでしょうか?
「大人」という「成虫」に、さなぎとかになった後に、

「大人、登場!!!ジャジャーーーン!!」

って感じでなりましたか??なってませんよね?
改めて振り返るとかなり焦ると思いますが、実は気持ちや意識は高校生・大学生の頃とほとんど変わってないのではないでしょうか?


もちろん大人だから、ちゃんとしているところはちゃんとしていますが、地元で飲みに行けば昔の仲間がいてドガジャガしていたり、子どもっぽく夫婦喧嘩してみたり、フツウに将来を案じてみたり、仕事が嫌になったり、遊びには張り切ってみたり…… 実は心はあの頃とほとんど変わってなくて、実は変わったのは周囲の環境や置かれている立場、責任ばかりだっりしませんか?

大人だ大人だと言っても、完全変体でなるわけじゃなく、不完全変体、つまり子どもの頃の姿とさして変わらないまま自然に一皮むけ、二皮むけて大人になっていった、そんな気がしてなりません。(不完全変体は、蝉とか、カマキリ、先述のゴキちゃんなどがコレにあたります。繭やさなぎと作らず、いきなり一皮むけたりして成虫になっていくパターンです。抜け殻から出てくる感じですね。)

大人なんて、そんなもの。
そもそも大人も昔は子どもだったわけで、子どもが大人に成長したわけです。それ以上でもそれ以下でもないのです。

子どもの皆さんは勘違いしないほうがいいですよ。大人だって知らないことはいっぱいあるし、出来ないこともいっぱいある。大人だから出来るんでしょう?ではなくて、子どもの頃に努力したから大人になってから出来るようになっているわけで、子どもの頃、あなたのようにサボってたわけじゃないですよ(笑) サボってても、大人になったら突如出来るようになるわけじゃないんです。ある日突然サナギになって、しばらくしたら大人が生まれてくるわけじゃないんです。

子どもの頃の勉強をおろそかにしていると、それがそのまま成長しただけの大人になるよ?
今のまんま、知らないこと、出来ないことが山ほどある大人になるよ?

そう子どもには諭すことがあります。そうです、だから勉強しろよ?と。
虫一匹でも、勉強になるもんですね(笑)

関連記事

  1. 玉虫

  2. ドラゴン桜の弊害

  3. やりたくないこと

  4. 善友

  5. プロレスを理解する必要性

  6. 微塵も上がらない内申点

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。