「ゆる中学受験コミュニティ」にかける思い

九段下のホテルグランドパレスが閉館を決めたそうです。休館だったのですが、最終的には閉館が発表されました。あれだけのホテルですから、いずれ外資が買収してしまうのかもしれませんね… 長年秋の中学高校受験相談会でお世話になっていた会場ですし、愛着もあり、また好きなホテルでもありましたので、本当に残念です。

私たちも、去年は塾を守ることで精一杯でした。4月は丸々お月謝を返金しての運営になりましたし(そんな塾もめったにないかと思います)、オールオンライン対応や感染症対策にお金もかかりました。何せ職員のお給料は減額無し、かつ雇用調整助成金も無しで頑張りましたので、正直苦しい1年でした。塾を守れるのか、破綻しないのか、本当にドキドキでしたが、何とかここまでやってきました。正直、寝られない経営者も多かったことでしょう。私もその一人でした。

そんなのは言い訳なんですが、それでも今までなかったことが沢山起こりました。
まずは退会。整理というか、オンラインなら辞めますというのもありましたし、我々も手際が悪くてドタバタしてご迷惑をおかけしたことも多々。

受験を途中で辞めるというケースや、ファイティングポーズが取れなくなって、厳しい場面で音を上げてしまう子も1人や2人ではありませんでした。親子のトラブルも倍増。子どもの愚痴を聞く時間も倍増。さらに子どもも遊べないストレスからか、勉強からの逃避を試みるケースも多発。

今までの桜学舎には無いタイプの出来事が多発しました。


一番の心残りは、お母さん・お父さんに寄り添えなかったこと。
私自身も、正直余裕が無くて、最低限の場面でしか受験生の保護者に寄り添うことが出来なかったという実感があります。もっといろいろできたはずなのに… ぐったりしてました。自分で「鬱」を感じる瞬間などもありましたし、妻が本気で心配したこともありました。


そして今年の中学入試。
これも正直に告白しますが、一組だけ、お母さん・お父さんを泣かせてしまいました。
私も取れると思っていて取れなかった合格。これがどうしても、どうしても悔しい。ホントに落ち込みました。

もちろん、私立中学に進学させることは出来たのですが、どうしてもその子を受からせてあげられなかったのは悲しい。もっと出来たことはあるはずでした。これを繰り返さないために、今年のテーマは「親御さんにコミットする」ということと自分の中では決めました。知っていることは全部吐き出すつもりです。

そこで始めたのが「ゆる中学受験コミュニティ」です。





コミュニティとは言いながらも、最初はオンラインセミナーです。

後半にはコミュニティ機能を持たせて、みんなの学びをシェアできるようにしていけたらいいかと思っています。

結局、中学受験で困っているのは「親」

実際、ウチの親御さんでも、本当に困っている方、子どもが思ったように動かなくて心配な方は多いもの。でも、そこに気づかなかったのだと思います。というか、分かっていたけど、「そんなに心配しなくていいのになぁ」なんて思っていたのです。「なんでわからんのだ」くらいの気持ちで。

でも、それは親御さんの気持ちが分かっていなかったなぁと反省しています。親御さんだって情報が欲しいし、学びたいし、教えて欲しい。だからウチみたいな小さな塾に来ているのに… 全然自分はこの期待に応えられていなかったのだろうと、今更ながら気づいたのです。

だから、月イチセミナーで親御さんフォローをしていこう、自分が出来るありったけのフォローを1年間通して親御さんにしていこう、そう思ってこの「ゆる中学受験コミュニティ」を立ち上げました。



もちろん、外部の方もOKです。
今、サピックスだ、日能研だ、早稲アカだなどと通っていらっしゃる親御さんでも、困っている方、迷っている方は多いはずです。どうぞどうぞと門戸を開いて、是非私の本を読んでいただき、それをベースにいろいろなことを一緒に考えていきましょう、そういうスタンスで第1期生を募集しています。 (よろしければ、お知り合いにもご紹介下さい)

そして。すでに内部生のお母さん方にもご連絡しました。
あっという間に、何とお申し込みは18件頂いております。本当に有り難い限りです。


「外部とか言っちゃって、そんな上手くいくの?」

と思いましたが、すでに有料会員としてお申し込み頂いた方が何名もいらっしゃいます。本当にありがたい。頑張る気力がわいてきます。

別にこれで儲けようとは思っていないけど(思ってるけどwww)、それよりも何よりも、悲しい顔をしているお母さんたちを助けたい。そういう思いが先に立っています。
笑顔の6年生の2月を迎えて欲しい。

ご協力頂ける方には是非ご協力いただきたいとも思っています。いろんな企画を通して、受験生の親御さんとして成長して欲しいし、受験してよかったと言って頂きたいと思います。そのために頑張っていきます。

是非、進学個別桜学舎で中学受験しましょう。今年の新6年生は今までにない大所帯(といっても大手さんの1クラスの半分程度)なので、やっぱり気が抜けません。でも全力フォローで参ります。




関連記事

  1. ★中学受験ナビ★[連載記事]親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」の第1…

  2. グローバルとインターナショナル

  3. 聖徳太子じゃないんだからさ(笑)

  4. ちゃんと叱りましょう

  5. 2021年始動の広尾学園小石川中高がスゴイところ

  6. ハバタウンダフーグー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。