インタビューや質問が下手

実は私は「インタビュー」や「質問」が下手です。

受ける方は別にそんなに嫌ではないのですが、実は聞く方が苦手。人の話に必ず質問をしたり、いろいろ聞き出す人がいると、「頭の回転がいいなぁ」と感心してしまいます。いっぱい聞きたいことがあるはずなのに、的確な質問が思いつかないというのもあります。本当に聞きたいことは、ゆっくりと飯でも食いながらポツリポツリとしか聞けないタイプ、なのかもしれません。いずれにせよ、質問が苦手であることは間違いありません。

ずっとそれは自覚があって、自分のコンプレックスになっていました。どうして自分は上手く質問やインタビューが出来ないんだろうか? だから人より成長が遅いんじゃないだろうか? 人からつまらないやつだと思われているのではないか? 最終的には、「自分は他人に興味がない、嫌なやつなんじゃないだろうか?」というところまで行き着いたこともありました。

ところが、最近、その理由がわかった瞬間がありました。
先日、ある先輩塾長の話を聞いていました。他の友人たちはガンガン質問していたのですが、例のごとく私は黙って話を聞いていました。すると、ある方が私に話を振ったのです。

「え?」
すると、
「聞いてなかったの??」

あ。
ここで気づいたんです。聞いてなかったわけではないし、むしろ聞いてばかりいたのですが、振られた内容については全然頭に入ってはいませんでした。では何をしていたか? 先輩の話を聞きながら、既にそれをいかに実行するかを頭の中で考えていました。シミュレーションが始まっていて、どうしようかと思いを巡らせていたのです。

ああ。これだ。
そうなんです。人の話を聞いていると、いろいろなことを自分の中で考えながら聞いているんですね、私。特に仕事の話となると、その話をいかに自分のところで活かすか、どうしたらそれを実現できるのかということを次々と頭の中で考える。すぐに思いを巡らしてしまうので、質問をする余地がなくなってしまうのだということに気づいたのです。

吸収良すぎ(笑)

でも、自分が他人に興味がないような卑しい人間でなくてよかった、自分で自分のことを嫌いになるような人間でなくてよかったと、ちょっとホッとした瞬間でありました。

ということで、今後も「質問」中心ではなく、「吸収と応用」中心で、たくさんの方のお話を聞かせていただこうと思います。よろしくお願い致します(笑) 

関連記事

  1. 三島神社の不落御守

  2. マインドを変える

  3. タクシー

  4. INTUITION

  5. みんなが休めって言うから(笑)【GW休校中】

  6. 自分目線

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。