シナモンとニッキ

「ニッキって何ですか?」
という声がありました。
生徒からではありません。何と、講師から!
えっ!? 知らないの?
と思って笑うと、何と、その場にいた若い講師たち6~7人が全員「キョトン」としています。誰も知らなかったんです! えぇぇぇぇぇぇ!?

「私もしらないよ?」
何と!副塾長も!
何ですって!

ニッキはニッキでしょう?何て言われて、びっくり!
ニッキって、シナモンでしょうよ!

逆に全員びっくり!
えぇぇぇぇぇ!そうなのぉぉぉぉ!
ええ、そうですよ!
ばっかじゃないの、しらないのぉぉ!

そんなに知らないと、こっちまで不安になってきて、Wikipedia先生に聞いてみると、「シナモン。ニッキとも言う」と記述があったので安堵。

厳密に言うと近親の香辛料ということになるのだそうですが、まぁ一般的にはほぼ同じものとして認識されているはずです。小学生の頃、何の拍子だか、私はニッキの木を持っていました。確か何かの露店で買ったのだと思います。何するわけでもなく、木の枝を持っていただけで、それでもニッキの匂いはプンプンしていました。これがニッキなんだってそれで知ったようなものです。結構長いこともっていましたが、今はどうしたか…

そうでなくても、昔は浅田飴も「クール」と「ニッキ」でしたよね。ニッキの浅田飴も舐めていたので馴染みがありました。シナモンと言われると何となくわかるようですが、ニッキはわかんないんだなぁ、時代だなぁ。

何でそんな話になったかというと、京都に行ってきた生徒がお土産に「おたべ」を買ってきてくれたのですが、それが「ニッキ味」だったわけで、ニッキって何だ?って話になったようです。

厳密に言うと別物だとかいう指摘はごめんあそばせ。
でも、徐々に通じないものが出てくると、とてつもなくおっさんになった気分です。

関連記事

  1. ラムサール条約

  2. 【夏期講習11】上野

  3. 紙婚式!?

  4. キハ52

  5. 女房

  6. 乗り物の色が気になります

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2015年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30