最初はみんな自信がなかった。

 桜学舎へ入会や学習のご相談にいらっしゃるお母様がお子さんに希望することは、決まって「自信を持ってもらいたい」ということです。これが親心の本音なのでしょうね。
 
 でも、どうしたら自信を持てるようになるのでしょうか。それは、「小さな成功体験を積み重ねる」ことが大切なのだと思います。「積み重なった」という事実が、その先の「自信」というものにつながるのです。

 この時、形だけの「やり方」を教えてもあまり意味がありません。プロセスを追うことは「勉強のやり方」ではなく、単純反復にしかなりません。かといって、考える時間だけを与えても、「考え方」を教えねば成功体験は積み上がりません。小さなヒントを活用しながら、自力で考え、正答を導き出すという体験を繰り返す必要があるのです。

 面白い数字があります。毎日、0.1%の進化を遂げていくと、365日複利計算で1.44倍。4割以上能力が伸びる計算になるのだそうです。5年で6.197倍、10年では38.404倍にもなるとか。こうして継続的に力を蓄えている人は、爆発的に力を発揮する瞬間が来るのですが、多くの人はその瞬間まで待ちきれずに途中で諦めてしまうのだそうです。

 「小さいことを積み重ねていくことが、とんでもないところへ行くたった一つの道だ」というのはイチロー選手の名言ですが、これこそが学習に対する「自信」にも通じること。誰も最初から自信を持っているわけでなく、小さな成功体験を積み重ねて、その結果「自信」を持っていくのです。

 桜学舎には、成績アップの魔法もありませんし、TVで活躍するスーパースター講師もいません。でも、一人ではなかなか出来ない、地道で丁寧な積み上げを一緒に繰り返していくことが、お子さんに自信を芽生えさせます。それが桜学舎で勉強すると成績が伸びる、そのヒミツなのです。あなたのお子さんにも、この「自信」を持ってほしい。

 桜学舎がお子さんの自信を育てます。

関連記事

  1. 勉強をテクニックだと思ってると失敗します

  2. グローバルとインターナショナル

  3. 【夏期講習12】教わったことのない答えをどうやって見つけるか

  4. 都立の推薦試験は受けるな?

  5. 野菜は美味いだろ!

  6. 「これから」を見ている人たち

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2014年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031