本人重視の大学入試?

貧乏な家庭も裕福な家庭もある
それを悔やんでも、他人をバカにしてもいけない
出自で自分の人生が決まるわけじゃない
日本は自分で頑張れば人生が変えられる
それが本当の平等

人間本位などとなると出自も問題になり階層が固定化される
性格が悪いと大学に入れない?

それを戯画化したのが「ドラゴン桜」
東大に入れば人生が変わるほど甘くは無い
だが東大に入るほど勉強すれば人生観が変わる

やはり人生に悩んでいたり、人生に絶望している人は明らかに「勉強」が足りない
物を知らないから、「恐怖」を感じ、「防御」に徹する
自信が無いから過剰防衛になる。ヤンキーが「ナメてんのか」「訳わかんねー」と言いまくるのはそのため。
勉強しない子がすぐに「ムカツク」というのは、語彙不足=コミュニケーション能力不足。
自分の気持ちを表現する言葉が見つからないので、全部を包括して「ムカツク」としか表現できない

本当の平等は、自分の次第で人生をどうにでも出来ること
家柄、性格、予め用意されたプレゼン(という名の演技)で進路を決めるようなことが、子どもの人生に良いことなのか?
人に取り入ることを覚え、大勢にすり寄ることが賢いと教えることになるのではないか?
アウトローが益々生きにくい
益々「大物」が生まれず、「天才」も生まれない

多様性を認める世の中にかえって逆行する風潮を作ることになると思う

関連記事

  1. ノボリが増えました

  2. OHP始まる!

  3. 死ぬかと思った

  4. トムとジェリー

  5. 夏合宿2日目

  6. それじゃぁ面白くないんだよ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2013年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930