柿の種

db133673.jpg 寺田寅彦と言えば、茶碗の湯が有名ですが、この短篇集には根津神社や千駄木あたりが出てきて楽しいです。

 今で言うと、ブログやツイッターに近いのかも知れません。読了。

 後で桜学舎文庫に入れておきます。

-------------
「さくらのまなびやNeo」
http://ohgakusha.blog.shinobi.jp/
へお引越し中です!
-------------

関連記事

  1. 「長いお別れ」

  2. コミックでわかるアドラー心理学

  3. 【書評】黄色いバスの奇跡

  4. 【書評】「統合失調症がやって来た」

  5. 根津権現裏

  6. 【書評】日本国憲法を口語訳してみたら

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2011年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031