成長

講習期間というのは、学校がお休みです。学校がない分、生徒は元気が有り余っています。一言で言えば、元気ですね(笑) よって、こちらも容赦なく切り込めるところが多々あります。

「学校ねーんだから、時間無いとはいわせねーよっ!」(笑)

ってな感じで、宿題もバッチリ出すことが出来ます。

「覚えられませんでしたー」

なんて子にも、普段だと時間も遅いですし、翌日の学校のことも考えたりしますが、講習期間は関係なし!

「よーし、覚えて帰れ!」

容赦なしです(笑)

ここ数日、テストに合格できずに居残りをしていた中学受験生がたくさんいましたが、その中でもある子は、暗記が非常に苦手。覚えられません。

初日。

6枚のテストの直しをして、再テストを受験しなくてはいけないのに、ノンビリ学習して、全授業が終了する時間まで居残り。しかも全部不合格。あちゃー…

翌日は少し学習する姿を見ていると、ただ眺めているだけ。それじゃ覚えられないだろうと、要らない紙を用意し、解答欄を隠して、答えを書きながら口で言って覚えるのだと、手取り足取りやらせました。

3日目。本人曰く。
「先生のやり方でやったら、30点が90点になった!」
やり方をつかんだというか、自信を持ったというか、つまんなそうに、いやいややっていた社会を、今日は火がついたようにやっています。おやおや?

試験は、95点と100点。
まだまだ時間はかかりますが、確実性が全然変わりました。本人も「やった!」と自信を持っている様子。よしっ!

そして副作用がありました。
それは、字がとても丁寧かつ上手になったことです。今までは正直、ミミズの足跡みたいな字でしたが、実にしっかりとした上手な見やすい字が書けるようになったのです。良かったなぁ…

この期間は、本当に生徒と膝を突き合わせて指導が出来ます。こういう著しい成長が見られたりします。こういう成長が見られる時が、私達にも一番嬉しい瞬間だったりします。頑張れ!

関連記事

  1. ポトス

  2. それは社会が悪い(笑)

  3. 教室にあるお人形

  4. 実績が並びました。

  5. いろんな人に会う、ここしばらくの話。

  6. 毎日何かが…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2011年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031