「しまね留学」ストロングスタイル視察①

出雲市駅、朝9:30に東京からいらっしゃる皆さんを待ち受けて、我々の「しまね留学視察ツアー」は始まりました。バスでいらした大先輩。特急でいらしたオンライン英会話会社の社長。我々夫婦。

そこへ2台のNISSAN SERENAが。おはようございますと。
そこでいきなり運転バトンタッチ!え?オレ?
ということで、ここから怒涛の327.6kmドライブのスタートです。しかもほぼ下道(笑)

いきなり浜田まで一気に運転!約90キロの行程。
しかし、今の車はコックピットに、ついにシフトレバーまでなくなってしまいました!ボタンのみ!何だろコレ? すげー怖い! 6人を乗せて3日間走る相棒としては不安すぎます。エンブレってどうかけるのよ?

結局、初っ端から行程がストロングスタイル過ぎて、遅刻しながら最初の訪問校・浜田水産高校へ!

さすがの水産高校。島根県でも「浜田」「隠岐」の2校のみ。海洋実習などがあり、かなり専門的に学べます。将来は船長になれるとか、卒業生が海上保安庁で働いているとか、いろいろ情報整理が必要なワードが飛び交っていました。

「電車」ならぬ「お舟でGO」みたいなシミュレーション機も体験させてもらいました。すご!

途中、おさかな市場でご飯を食べて、次に向かったのが、東京から一番遠い町「江津(ごうつ)」にある、江津工業高校

動画にまとめると面白い内容ばかり。工業科というと、昔のバンカラ学生のイメージではなくて、今はすっかり「先端技術を学ぶ」「機械・電気・建築」というイメージ。みんなマジメな子たちですね。楽しそう!

そして、最後はすげ〜学校があった!初の私立高校見学! キリスト教愛真高校

「ここ、曲がるんですか?」
って言いたくなる道を入り、延々と山を登り、登って、登って、登りまくって、開けた!と思ったら学校が出てきました。この、隔絶された山の中で、全寮制で学ぶ小規模校です。

必要なことを自分たちでやる。ビックリしたのは、食事は生徒たちが3食作る。パンはパン窯で週に数回担当が焼く。食器も陶芸などで作ることがある。学校も「作業」の時間に修繕したり、必要なことは自分たちでやる。作物も一部は自分たちで作る。鶏卵は飼っている鶏小屋から取ってくる。産まなくなると〆て食べる。何のために生き、誰のために生きるのか。自分自身をも深く見つめる環境なんでしょうね。これはこれで、すげーなーと。

そして、夜は温泉津(ゆのつ)温泉

人口700人の町に、若者が少しずつ集まっているとか。高校留学もいいけど、大学生のツアーとかも面白い気がしながら、銭湯へ行き、あちーあちーと大騒ぎ。夜は懇親会。4年前に出会った小学校の先生や、三瓶山のレストハウスのオーナーや、東京から来ている女子大生などなど。再会と新たな出会いと。

翌朝は7:30飯。8:15出発。
なかなかスパルタ(笑)
でも、いっぱい繋いで下さってる尾糠先生に感謝を。

【島根県立高校へ進学してみたいという相談は進学個別桜学舎へ!お問い合わせは今すぐ!/上野桜木教室&入谷教室】

関連記事

  1. 【下町塾長会議EX-002】Extended 島根Version① 島…

  2. 「今こそ伝えたい『しまね留学』の魅力」の件《後編》【下町塾長会議137…

  3. 「しまね留学の話をしよう!」の件【下町塾長会議115】

  4. 島根前乗り②

  5. 「しまね留学」ストロングスタイル視察②

  6. 〈高校受験〉県立浜田水産&江津工業高校を訪問!〜しまね留学視察2023…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

塾長ブログ

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930