Youtubeの低評価傾向から分かること

YouTubeをやっていると、高評価やチャンネル登録が「励み」になって頑張れます。

ところが、低評価ボタンもあって、時々ぽつりぽつりと押されていることがあります。大抵は1つ、あっても2つなのですが、いったい人の動画に低評価をつける人ってどうんな人なんだろうと興味を持ったのがきっかけとなり、どんな動画に低評価がついているか、いくつか拾っていくうちに一つの傾向が分かってきた気がするのです。

最近低評価がついた動画は、

・私国立中学入試結果報告
・入谷教室教室長浅見のご紹介
・卒業生講師登場
・帝京大学で企業人交流会に出席
・LIZ LISA Study Series発売!

これはただ単純に、「自慢してんじゃねーよ!」「調子ん乗ってんじゃねーよ!」的な低評価かと分析しております。何言ってもウチのことが嫌いな方なんでしょうね(笑)

また、

・首都圏模試偏差値動向 最後に上がったのはココだ
・首都圏模試偏差値動向 10月版を見る
・課金ゲームは危険な兆候
・出来る子と出来ない子の違いはどこか
・ゆる中学受験説明会

ここでわかるのは、「受験ナメてんじゃねーよ、何が『ゆる中学受験』だよ、コラ!」という、「受験はストロングスタイルじゃなきゃ許さない」というスタンスの方でしょうね。なぜ自分の思い描いたものでしか世の中の事象が捉えられないのかが疑問ですが、まぁそういう方もいるんでしょうと納得しております。

さらには、

・入塾・転塾オンラインセミナー開催
・受験のその先まで考える塾・その前から考える塾

ということは、「よその塾のことを言うんじゃねーよ」とか、「おめーらの塾観は気に入らねー」って人でしょうね。うちの塾生取ろうとしてんだろ?って思ってんのかな? ということは同業者かな?(笑) 一般的な事象としてお話しているつもりですが、お気に召さない様子(笑)

そして最後に、

・合宿は必修ですか?
・学生講師で成績は上がりますか?
・学生の講師はいますか?
・プロの先生はいるんですか?

ここへ低評価を出してくると言うことは、「学生講師になんか習って成績が上がるなんてことがあってはいけない」「学生講師なんている塾は許せない」「先生は全員プロじゃなきゃダメだ」と思ってるってことなんですかね? 学生講師に習っても成績が上がってるウチの塾は何なんでしょう? 嘘でもついていると思っているのかしらね?(笑)

まぁ、丁寧にウチの動画を見てくださっているってことでもあるのだから、「実はいい人」だとも言えるので、別に「この野郎!」とも思わないんですが、もしかしたらこの部分が世間一般の「塾のイメージ」とかけ離れたところなのかもしれませんね、桜学舎の。かえってそういう部分が浮き彫りになって、ありがたい限りではあります。

ウチの特徴を言い当ててくれている、そう思うと、自分ではなかなか分からない、桜学舎や塾長の「よそとは違う部分」を差別化させてくれる材料をたくさん頂けている気がします。参考にしながら、考えて参ります!

おかげさまで入谷教室は、フロアが足りなくくらいの生徒数になってきました。ありがたい限りではありますが、早速の増床は辛いぞ!?(笑) 桜木はまだまだ募集中です!

お問い合わせはこちらから!

関連記事

  1. こんな時こそ!

  2. 動画でQ&A

  3. 【Weekly Talk10】桜学舎が監修した参考書が発売されました!…

  4. 桜学舎スタッフ紹介②

  5. 【ohgakushaSP 006】進学個別桜学舎✕プライ…

  6. 【進学個別桜学舎030】「私立高校第一志望について教えて下さい」[高校…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

塾長ブログ

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。