休みもしないで突っ走るワケ

気づいたら、15日の連勤中でした(笑)
ちょっとしんどくなってきましたが、少しずつ小出しにお休みさせていただきながら、このタームは20連勤まで行く予定です。来週の月・火がようやく20日ぶりのお休み。経営者なので、労働基準法は一切関係なし。休まず働こうが、夜中でも早朝でも、好きなように働け、でもオマエの責任な? って言われているのが経営者です(笑)個人事業主の方も同じですね。だから、自分で健康は気を使わなければいけませんね。

この日曜日〜月曜日は、浅見、酒井も付き合わせての「次年度経営計画合宿」を実施しました。来年1年分の数字をすべて決めてしまうこの合宿も、もう3年目。今年こそは数字をカッチリ追っていきたいと思いますが、実は入谷教室開校は、昨年の合宿で決めたことです。6月頃には物件を決め、9月には工事を開始し、10〜11月はプレ開校して、12月に本開校と決めました。それが1ヶ月とズレなく実現しているのはビックリです。決めるって、大事なことですね。

私は、時々人に聞かれます。
「何でそんなに働くんですか?」

昔、講師たちと宝くじ2億円当たったらどうする?という話をしていて、私が「ビル建て替えて、塾きれいにして、あれやって、これやって…」と話していたら、「宝くじ当たっても働くんですか?」ってキョトンとされたのを思い出しました。そうよ?(笑)働かなくなったら終わりなんですよね、私のような人間は。

確かに、突っ走って働きまくって、肉体的に疲れた時は休みたくもなります。
ノンビリと海と緑の見える田舎で、朝起きて2匹の犬たちとお散歩したり、家庭菜園で野菜を育てたり、読書したり釣りをしたり、ノンビリとした時間を過ごしたいとも思います。

が。
それ、ずっとその生活、耐えられるのかな?とも思うのです。ずっと何かをやらかして(笑)生きてきたので、日々、常に何かをしていないとダメなんです。わくわくすることがないとダメですし、目標になること、夢中になることがないとダメなんですよね。そういう生き方しかできなかったから、サラリーマンが1年4ヶ月しか続かなかったわけですし、毎日同じ仕事、日々変わらず、一定の枠の中で生きていくということが出来なかったわけです。

ゆえに、好きなときに走り出し、好きなときにノンビリ休み、好きなときに好きなように、思ったとおりに生きていくことが私の個人的な理想。だから、10年、20年と、正解もない、ゴールもない、そして毎日毎日が異なり、毎年毎年いろんな生徒に会える「塾」の「経営」を続けられてきたのだと思います。

塾経営は、「仕事」とは言っていますが、私の中では「ライフワーク」ですし、「趣味」かもしれません。楽しいことで食っているというのは、芸能人や起業家、アーティストなどと感覚は同じです。だから、休むとか、勤務するとか、あまりそういう感覚にはならないものです。

ただ、流石に100名以上のお子さんをお預かりするようになってからは、多少「経営感覚」を身に着けないといけないという自覚が出てきました。簡単に言えば、職員も増えるから、彼らの待遇を考えてあげなければいけなくなりますし、生徒だって上手にマネジメントしないと上手く教室が回らなくなってきます。くわえて、ちょっと失敗すると塾自体が傾いてしまって、事業が継続できなくなる可能性もあるのです。かつて、私も若かりし頃は経営危機を何度か経験しています。泣きべそかきそうになりながら金策に走ったり、自分の給料を我慢したり、そんな時代がありました。東京に来てからは幸いそういうことが一度もないのですが、それでもやっぱり「経営者」としては初心者レベル。まだまだ勉強が足りません。

塾を小さくして、ノンビリ暮らしていくという選択もありました。
生徒が120くらいになった時、ホントに考えました。自分の勉強不足で苦しくなったことはあるので、いっそ事業縮小して、私の等身大だけで生きようとしたこともありました。

が。それでも頑張るスタッフがいたり、来てくださる生徒や親御さんがいたりして、当時はそれで思い直して前へ進むことを決断したのでした。もう何年も前のことですが…

今は、とにかく台東区のお子さんたち、特に勉強や塾や受験で困っている子、そして親御さんたちが、超有名塾ではないという選択をしようとする際に、真っ先に思い浮かべて頂ける塾になることが目標。桜学舎のこのアットホームで、子どもたちと等身大で付き合い、本音でぶつかれる環境を持つ塾に、区内どこからでもアクセスできるようにしたい。それが目標です。他の区だとか、都内全域だとか、全国だとか、そんな見果てぬ夢はありません。ただ、この地元でご信頼を頂ける塾でありたい。もう少し我々が一生懸命に、真面目にやっていることを知って頂きたい。そう思って、突っ走っているわけです。

で、気づいたら休んでなかったと、そういうことなんです。

まぁ、歳なんで、あまり無理して突っ走って、倒れたらやっぱり塾が傾くので、こちらも気をつけます。
ただ、やっぱり我々の正月は3月ですね。いや、春は募集もあるから、GWが唯一の休み。
今年もいよいよ受験シーズン。1月から中学入試です。
頑張れよー。

今年は、あまりに心配すぎるので、ある施策を12月・1月限定で実施予定です。

関連記事

  1. 母の教え2

  2. 物持ちが良すぎる(笑)

  3. 地図ピタ

  4. 東京女学館大学が…

  5. 青大将

  6. 若いから、仲間がいるから

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

塾長ブログ

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。