ドラえもんとノビ太

英語の授業にて。
一般動詞の疑問文・否定文を教える際、こんな話をしました。

You are a student.

これを疑問文にすれば、

Are you a student?

となる。これは、be動詞クンは「一人で何でも出来る子」だからなんだね。だから、先頭に出て行って、自ら疑問文を作ることが出来るのよ。否定文だって、notクンを引き連れて、自分で否定文を作れる。be動詞クンはホントに何でも自分できるエライ子なんだ。

ところが、

You play the guitar.

これを疑問文にすると、

Play you the guitar?

とはならないわけです。なぜか?
一般動詞は、一人じゃ何にも出来ない「ノビ太」だからだよ。
だから、「何とかしてよぉ~」と泣くわけ。すると

「Do」ラえもんが登場。パッパカパッパッパー!
「しょーがないなぁ…」と先頭に立ち、「ノビ太くん、着いておいで」と言ってくれます。
「わーい、ドラえもんありがとう!」とノビ太は何もせずに後に着いて行く… だから、

Do you play the guitar?

となるわけです。

She plays the guitar.

の時はドラえもんの友達の「does えもん」が助けてくれます。ノビ太は「does えもん」にも甘えっぱなし。だからせっかく自分で付けた「s」もつけず、なぁ~んにもしないで「does えもん」に任せ切り。だから、

Does she play the guitar?

となるわけですわ。

「過去なら、didえもんが来るよ?」

何だか、スッキリして帰ってくれたようです(笑)

関連記事

  1. 講習7日目

  2. 検定続々と返って来ました

  3. あくまで算数の授業です

  4. おめでとう!速報

  5. 7限授業の日々

  6. 日本語検定2級

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

塾長ブログ

2008年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031