かるがもコース[小1〜小基礎学力養成]
小学生講座[区立中学進学]
中学受験[小5〜小6]
こども英語教室Lepton
中学生講座[中1〜中2/私立生]
高校受験[中3]
高校生講座[高1〜高2]
大学受験[高3]
Q&A
イベント
検定
STAFF
鹿島学園高等学校通信制
第一薬科大学付属高等学校通信制
みんなの速読
           
【2016-2017大学入試速報】 東京理科大(十文字高)立教大(桜丘高)法政大(淑徳高)中央大(桜丘高)城西大[薬](駒込高)成城大(明治学院高)獨協大(桜丘高)明治学院大(桜丘高)東邦大(獨協埼玉高)東洋大(桜丘高)駒澤大(桜丘高)神奈川大(明治学院高)玉川大(獨協埼玉高)明星大(獨協埼玉高)拓殖大(上野学園高)横浜薬科大[一般/センター](駒込高)千葉商科大(村田女子高)産業能率大(鹿島学園高)帝京科学大(獨協埼玉高)東洋学園大(足立東高)群馬県立女子大(桜丘高)
【2016春/大学入試結果】東京海洋大(北園高)東京藝術大(東京藝術大音楽学部附属音楽高)立教大(十文字高1/新宿山吹高2)成城大(新宿山吹高2)日本女子大(十文字高)明治学院大(十文字高2/新宿山吹高2/高認1)日本大(北園高)東洋大(十文字高)芝浦工業大(新宿山吹高)東京都市大(北園高)駒澤大(江戸川高)大妻女子大(川村高1/十文字高1)武蔵野大(十文字高)白百合女子大(新宿山吹高)桜美林大(江戸川高)恵泉女学園大(川村高)文京学院大(深川高6)東京工科大(新宿山吹高)東京情報大(新宿山吹高)文化学園大(千代田女学園高)十文字学園大(十文字高)東京工芸大(駒込高)水産大学校(小岩高)
【2015春/大学入試結果】明治大(小山台高)・青山学院大(小山台高)・日本女子大(小山台高)(2)・明治学院大(小山台高)・獨協大(富士見丘高)・芝浦工業大(芝浦工大高)・日本大(小山台高)日本大(小山台高)・日本大(富士見丘高)日本大(日大桜丘高)・日本大(日大藤沢高)・実践女子大(富士見丘高)・東洋英和女学院大(富士見丘高)・白百合女子大(富士見丘高)・大正大(富士見丘高)・日本工業大(日本工大駒場高)

最先端映像予備校「ベリタス・アカデミー」で本質的かつスピード学習 

大学受験は甘くない 
 高校3年生は、主に私立大学をターゲットにしたカリキュラムを中心に授業編成をします。
大学受験は推薦の場合を除き、高校受験のように一筋縄では行かないのが普通です。一般入試で受験する場合、感覚的に、高校受験の5倍は難しいと言っても過言ではありません。高校には97%以上の人が進学しますが、大学は短大も含めて50%程度の人しか進学しません。つまり、進学の意志を持った上位層の中で偏差値を算定していくため、高校受験時50程度の偏差値を持っていた生徒が、公開模試を受験してみると40程度の偏差値になってしまうこともしばしばです。50以上の偏差値を現役で出すことは相応の努力が必要だと言えるのです。そう甘いものではないと認識しておいて下さい。
 

何故映像講義を使うのか?

桜学舎の大学受験生は、必要科目を必要なだけ取って、授業で一杯になるような受験勉強はさせません。ただ映像授業を見せることが目的になってしまっている予備校もあるようですが、消化しきれない生徒は多いものです。受験で成功している人は必ず「自分で学習する時間」を確保しているものです。桜学舎の「授業を取らせすぎない」という方針はここにも貫かれています。

ただし、近年では、学校の授業もしっかり聞いておらず、自学習をする力も養われていない生徒が多くなっているという傾向も見られます。つまり、そもそも
圧倒的に知識導入が足りておらず、問題を解こうとしても最初から知識が不足しているので全く太刀打ち出来ない、という生徒も見られます。このような生徒がいくら個別指導を受けても、講師の手間ばかりがかかって結果が出ない(別に個別指導で受ける必要のない授業を個別で受けることになるので、時間もお金ももったいない)というケースも多いものです。

そこで、ある程度
基礎的な知識導入と、学習姿勢の養成「授業を受ける力の育成」を映像授業で実施し、教務スタッフはそのサポートに力を注ぐという方式に、授業スタイルが変化しつつあります。これも時代に見合ったやり方ということになってきます。

ただ、その講義映像は、一般的な予備校のそれではダメでした。確かに予備校の授業は素晴らしい。私たちが見ても興奮するほど楽しい授業です。しかし、私たちが必要としている授業や、桜学舎に来るような子が必要しているのは、もっと本質的な、もっと基礎的な、根本を理解するような授業なのです。これを探し続けて、ついにであったのがベリタス・アカデミーだったのです。

大学入試を突破するための単なるテクニックではなく、各科目根本的な理解を深める講義であるところが大きな違いです。桜学舎がやりたいことと一致した映像授業を利用して、さらに進化した大学受験コースを目指します。



基本は英語。オプションで必要科目を!

◆大学受験
基本パック[英文法+英語構文]
英語は文系でも理系でも一番の要になります。特に私立大学では、英語の配点が1.5倍されているところが多く、英語力が重視されています。まずは英語を2時間授業を確保し、前半は英文法と英語構文の2つをしっかり基礎固めします。後半は英語構文の授業の中で長文も扱い、文法力と読解力の養成をバランスよく行います。大学受験生はこのパックが基本となります。

◆大学受験オプションパックA[
ゼミナール/現代文・古文・日本史・世界史]
受験に必要な科目をゼミナールで受講します。通常の開講科目は、大学受験現代文・大学受験古文・私大センター日本史B・私大センター世界史B。ご要望により、他科目が開講される場合もあります。主に
理系科目は個人差が激しいため、個別指導での開講が一般的です。

◆大学受験オプションパックB[
個別指導/全科目]
受験に必要な科目を個別指導で受講します。開講科目は主に理科系科目。センター私大受験数学(TA・UB/希望により、TAとUBを分ける場合あり)、大学受験数学VC、および、大学受験物理、大学受験化学、大学受験生物、大学受験地学。
また、
看護系大学の生物や化学もご要望にお応えします。ただし、医学部受験については非対応ですのでご容赦下さい。

附属校内部進学/藝高内部進学看護学校進学 
◆附属校内部進学コース
◆看護専門学校受験コース
大学附属校の生徒が上の大学に内部進学するには、内申点や移行入試などで一定の成績を収めなければなりません。学校によってはセンター試験の英語と現代文だけを基準にするなどというところもあるようです。これら必要科目に照準を当てて、徹底対策を行うのがこのコースです。音楽や習い事などのレッスンを優先させる高校生には、時間的にも対応しやすい個別指導が有利です。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高校の内部進学用「センター試験対策」もご相談下さい。

また、看護大学のみならず、
専門学校の受験についてもご相談に応じます。必要な科目を必要なだけ組み合わせ、大学受験と同様の料金設定で組み合わせを作っていきます。基礎からの指導は是非個別指導で。

大学受験勉強の注意点
大学受験英語の注意点
 英語はいくら文法を理解して、流暢に喋れたとしても、所詮「単語数」が無ければ話になりません。いくら奇麗事を言ったとしても、単語が分からなければ文の意味は分からず、熟語問題は解けず、並び替え、空所補充問題など解けやしません。実際、これを馬鹿にして痛い目にあった生徒を我々は多数見てきました。
 英単語・熟語の学習は英語力アップに不可欠な要素なのです。授業ごとではなく学習してきた度に到達度テストを実施し、ボキャブラリー増強を目指します。筆記試験までは自己受験・自己採点をして頂きます。全問正解後、手すきのスタッフにチェックを依頼すると、口頭でのチェックが待っています。これはランダムに出題することで、本当にこの範囲をマスターできているかを確認する目的と、正しい発音や口で発音して暗記をしているかの確認になります。このチェックをクリアしてはじめて「合格」となります。

大学受験国語の注意点
 
現代文では主に学習の仕方、考え方、文の読み方などについての講義を行います。また、「語彙」についての確認学習も行い、着実な知識定着も視野に入れた授業展開となります。一番時間がかかる科目ではありますが、一番取り組みやすい科目でもあります。それは、「日本語の文章」だからです。
 ただし、この科目では「文学」の感性を求められているわけではなく、「論理性」の能力を試されています。また、現代文は、総合教養の部分もかなり必要であると考えます。小手先の技術だけではどうしても理解できなかったり、そもそも理解する素地が築けなかったりすることを多々目にするからです。
 勉強すれば一番得点源になるのは
古文です。しかしながら、なかなか手が出ない科目でもあります。手をつけるのが面倒な科目でもあるのです。 古文は、国語の一科目と位置付けられていますし、日本語ですから何となく意味が取れたりするので勘違いをしやすいのですが、実は「外国語」ととらえ、初歩的な文法や語彙をキチンと身につけていく必要があります。

大学受験数学の注意点
 数学は、ある
一定のラインまでは暗記科目だと思って間違いないでしょう。典型的な解法のパターンを覚え、それを実践してみることで、ある程度まではいけるのです。見事な解き方をする必要はありません。基礎的な問題で一通りの学習をした上で、一つ一つの問題を丁寧に解き直し、納得をした上で解法を身につけていくというのが、大学入試における数学の基本的な学習のしかたです。あくまで基礎をガッチリと固め、基礎点を確保して、難しい問題にあたる時間を増やす… 1年間の目標はコレに尽きるのです。近年、理系大学でも数学VCを受験科目に課していない大学が増えています。特に農学・生物学系、看護・医療技術系、下位ランク工業系などは、ほとんどがVC科目を課していません。これは、センター試験利用私大の増加により、センター受験者と一般試験受験者の差を無くす傾向にあるからだとも言われています。また、文系数学利用者は、数学TAだけ、もしくはUまで(Bは課さない)などという変則的な試験もあります。数学を選択する生徒は、自分がどこまで学習しておかねばならないのかをしっかり把握して学習にとりかかりましょう。
小論文は個別添削で
 小論文に関しては、特に通年授業を設定せず、随時添削中心のピンポイント指導を行います。与えられた課題に対し、受験校の傾向に合わせた添削指導を行っていきます。近年小論文での入試が増え、論理性を求められる場面もしばしばですが、学校での論文指導はともすると誤字脱字訂正程度に終始し、論理の展開などへの言及をされぬまま添削を終わるケースが見られます。
 桜学舎では論理的文章展開から表現技術指導まで、真っ赤に添削された答案が返却されることもしばしばで、これらを経験して推薦合格を勝ち取った生徒は数知れません。ただし、国語力不足で小論文が書けないという場合も多々あります。その場合はまず、現代文の受講をおすすめする場合もありますので、予めご了解下さい。

浪人生について 
 浪人生は、現役生の時にきちんと受験生生活を送った経験がある方のみを対象としています。また、桜学舎は予備校のように朝から開校してはいませんので、自分で時間管理が出来る方であるということがお引き受けできる条件です。

 浪人生のカリキュラムにおいても英語は最重要課題になります。分かる部分が多い場合でも、基本的には英語Tの復習から始めることが多々あります。それは、特に大学受験のための学習を現役時に進めてきた生徒に多く見られます。というのも、入試対策的な問題演習を多くこなしてきたため、意外にも基礎部分の文法事項を完全理解できていないということが多いのです。これは後々入試対策の時期に尾を引くことが多いからです。基本的に基礎学習時間を設定し、基礎学習を継続することで夏以降の伸びに大きな差が出ることは間違いないでしょう。語彙増強には多くの時間を割きます。
 個別指導、ゼミナール指導とも、浪人・現役の混合授業とし、区分けはしません。春期・夏期講習は、志望大学を見据えた入試対策がメインとなり、冬期講習は志望大学の傾向によって授業内容が異なります。
 また、生徒のレベルや学習状況、選択科目によっては、他予備校との併用、もしくは他の予備校への通学をお勧めする場合もありますので、予めご了承下さい。


英単語学習システム[必修]
 桜学舎では大学受験の基礎となる英単語集「ゲットスルー1500」を教材として利用し、自宅でも学習しやすいシステマチックな単語集+学習システムを導入しています。

 英単語集を渡す学校・塾・予備校は多数あるものの、「どうやって覚えたらいいでしょうか?」「なかなか覚えられません」「覚え方がわかりません」という高校生も多いものです。それに一つ一つ対応してきましたが、やはり英単語の基本は「自学習」。人に習うものではないように思います。


覚えた単語は桜学舎独自に作成した
英単語テスト(完全連動)を受験して頂き、さらに筆記で合格した後、ランダムに講師にチェックしてもらって「発音」「アクセント」の確認を行います。全てができて初めてその部分はクリアです。やるべきことを明確に示したことで確実に学習しやすくなっています。

原則高3生英語選択者は必修です。
 
コース設定 
高3大学受験コース   個別指導週1回〜 科目自由設定  週80分〜  週1回〜
英語基本パック[ゼミ/個別指導]  英文法+英語構文  週160分  週2回
オプションパックA[ゼミ] 現代文・古文・日本史・世界史   週80分〜  週1回〜
オプションパックB[個別指導]  科目自由設定  週80分〜  週1回〜
ゼミナール単科 英文法・英語構文・現代文・古文・日本史・世界史  週80分〜 週1回〜
VL:週1回〜 科目自由設定(現代文を除く)  週80分〜 週1〜 

※ベリタスアカデミーの映像講義については、別途お問い合わせください。
合格実績 開校〜最新のものを掲載しています。
国公立
千葉大(2) 東京芸術(7) 東京海洋(1)  高知(1) 
山口(1) 釧路公立(1) 群馬県立女子(1)
防衛大学校(1) 水産大学校(1)    
私立(文理)
早稲田(5/理工・文・文化・商) 慶応義塾(1/総政) 東京理科(3/理・理工) 上智(1/理工)
国際基督教(2/教養) 同志社(2/文・法) 立命館(3/文・法) 関西(2/文・法)
学習院(1/文) 学習院(1/文) 明治(13/法・政経・工・農・商・文) 青山学院(3/経・法)
立教(10/文・理・コミュ) 法政(12/理・文・社・経・GIS) 中央(5/文・理工・経) 日本女子(7/文)
北里(3/理) 成城(8) 成蹊(1) 明治学院(10)
武蔵(3) 獨協(5) 芝浦工業(4) 東京電機(1)
東京都市(1) 東邦(3/理) 順天堂(1) 日本(26)
日本(1/芸術) 東洋(7) 駒澤(9) 専修(2)
國學院(2) 東京農業(9) 神奈川(5) 大東文化(5)
学習院女子(2) 国立音楽(1) 東海(2) 神田外語(3)
国士舘(9) 立正(8) 亜細亜(4) 帝京(8)
玉川(4)  桜美林(2)  千葉工業(18) 拓殖(1)
中京(1) 共立女子(1) 実践女子(7) 女子美術(1) 
東洋英和女学院(1) 白百合女子(2) 大妻女子(3) 恵泉女学園(2)
淑徳(9) 工学院(4)  東京経済(1) 昭和女子(1) 
清泉女子(2) 千葉商科(2/商経)  大正(5) 二松学舎(5) 
関東学院(3) 産業能率(1)  和光(2) 文京学院(8) 
秀明(1) 明海(10) 日本工業(1) 帝京平成(11) 
聖徳(6) 横浜商科(2) 跡見女子(1) 文化学園(3) 
明星(2/文・理工) 武蔵野(2)  帝京科学(1) 東京国際(1) 
川村学園女子(1)  東京家政(2) 足利工業(2) 十文字学園(2)
東京工芸(1) 東京工科(1) 茨城キリスト教(1) 上野学園(1)
中央学院(2) 帝京科学(4) 和洋女子(6) 千葉経済(4)
城西国際(5) 敬愛(3)  東京情報(5) 聖学院(1)
鎌倉女子(1)
私立(薬学)
北里(1/理) 城西(1/薬) 東邦(1/薬) 横浜薬科(1/薬)
短期大学
青山短期(1) 大妻短期(2) 駒澤短期(1) 女子美術短期(1)
東京立正短期(1) 東京家政短期(1)
通塾範囲 
■台東区:上野桜木・谷中・池之端・根岸・下谷・入谷・東上野・台東・西浅草・松が谷・竜泉 ほか
■文京区:根津・千駄木・弥生・向丘・湯島
■他地域:足立区・千代田区・中野区・千葉県松戸市
■通塾可能地域:JR山手線 駒込〜秋葉原/京浜東北線 東十条〜秋葉原/常磐線 上野〜北千住
           東京メトロ千代田線 北千住〜新御茶ノ水/京成電鉄 上野〜青砥・高砂
           日暮里舎人ライナー 日暮里〜見沼台親水公園
           都営バス 上26番沿線/台東区循環バス東西めぐりん沿線
 
   
質が高い学習塾百選 e-塾選び e-予備校ガイド 友だち追加数

進学個別 桜学舎
株式会社VISITUS
東京都台東区上野桜木2-10-3 エムエスビル1F-4F
〒110-0002 Tel:03-3823-7272 FAX:03-3823-7239